土曜日も診療しています

9:00~13:00/15:00~19:00 最終受付 18:30まで

土曜日 15:00~17:00 最終受付 16:30まで

入れ歯
denture

歯を失ってしまったら

「入れ歯」というとなんとなく、年寄りじみた気がしないでもありません。でも、なくなった歯を悔やむより、入れ歯によって、これからの暮らしを快適にすることの方がもっと大切です。

保険適用のもの、材料や作り方の違いにより、保険適用外の物などその種類は様々です。 保険適用でも十分に患者様が満足できる症例もありますし、また保険適用外でも色々な理由により患者様に満足していただく義歯を作るのが難しい場合もあります。

どんなに合っている入れ歯でも天然の歯には及びません。噛める効率はおよそ3割と言われています。患者様のニーズに合わせて、歯科医との話し合いでお決めになられるとよいと思います。(各入れ歯には適応がありますので、歯や骨の状態によりできない場合があります)

入れ歯の種類と違い

金属床

金属床義歯(保険適用外)は床の部分が金属なので、薄い、割れにくい、熱の伝わりが良い等の利点があります。床の部分に用いられる金属も種類があり、必要に応じ合わせていきます。

ノンクラスプデンチャー

ノンクラスプデンチャーは、弾力性のある新素材を使用しており、目立つ金属のバネが不要です。入れ歯を気にせず、素敵な笑顔を見せて下さい。 ノンクラスプデンチャーは、素材がやわらかく、支えの金属が不要なので、セラミックやハイブリッドレジン等の白い差し歯を入れても傷つける心配がなく安心です。

インプラントオーバーデンチャー

埋め込んだインプラントを支えにして、総入れ歯を安定させる方法です。取り外しも可能です。

イボカップ義歯

一般的なプラスチック義歯に比べ、作製時の寸法変化が極めて少なく、精密で正確に適合します。
そのため硬度、吸着力ともに高く、レジン床でありながら破損の心配もほとんどありません。

ページトップへ戻る