土曜日も診療しています

9:00~13:00/15:00~19:00 最終受付 18:30まで

土曜日 15:00~17:00 最終受付 16:30まで

スポーツマウスガード
sport

マウスガードとは

スポーツ中に起こる歯や口のケガを未然に防ぎ、大切なあなたの歯を守ってくれるプロテクター(安全具)がマウスガードです。強い衝撃から歯を守るため、高性能な衝撃吸収材でできています。上顎に装着するのが一般的です。ボクシングでは歴史的にマウスピースと呼んでいますが、一般的にはマウスガードと呼ばれています。

永久歯は一度失うともう生えて来ません。折れてしまっても再生しません。

スポーツで失う歯は上顎の前歯が多いです。食べる、話す、表情を作るなどの働きが失われてしまいます。
また、脳震盪などぶつかった衝撃からくる症状も軽減してくれます。歯・口そして顎をケガしないよう、マウスガードは小さいながらもスポーツを安全にすることへ導いてくれます。

どんなスポーツに使うか

マウスガードの着用がルールで義務付けられているのは、ボクシング、アメリカンフットボール、アイスホッケー、インラインホッケー、ラクロス、ラグビー、空手道、テコンドーなどです。中学生や高校生では体がぶつかり合うコンタクトスポーツ以外にも、サッカー、バスケットボール、野球など球技での外傷も多くなっており着用数も増えています。

■ 日本でマウスガードの装着が義務化されている競技種目

  • アメリカンフットボール
  • ボクシング
  • 空手
    (各種流派、団体、大会による)
  • ラグビー
    (高校、関東医歯薬大学リーグ)
  • ラクロス
  • インラインホッケー
    (20歳以下のプレイヤー)
  • アイスホッケー
    (フルフェイス、マスク未使用の20歳以下)
  • キックボクシング
  • テコンドー

外傷から身を守る

スポーツマウスガードの一番の目的は、外傷から身を守ることです。
競技中の接触や事故により、前歯を打ったり(打撲)、口の中を切ったり(唇、舌、歯肉が切れた)、歯が折れたり(破折)、ぐらついたり(脱臼)、激しくぶつかることで顔や顎の骨折、脳震盪を起こすこともあります。
外傷から守ることで、スポーツ選手が健康的に能力を存分に発揮でき、健康管理を行いやすく、選手の競技人生の管理もしやすくなります。

マウスガードの種類と違い

カスタムメイドタイプ

(市販)マウスフォームタイプ

スポーツマウスガードには、「市販のマウスガード」と「カスタムメイドマウスガード」があります。
市販のマウスガードは、自身で形を作る必要があるため、口に合わせることが難しく、違和感が大きく防護性能が劣ります。それに比べ、カスタムメイドマウスガードは、歯科医院で口の中の状態に合わせ作製するため、ぴったりと口にあい、細かな調整も可能になります。

デザインを自由に選べる、グラフィックスポーツマウスガード

歯科医院で作製するカスタムメイドマウスガードは、オーダーメイドで作るため自由にデザインを選ぶことが出来ます。
好きな色、模様、キャラクターなどを装飾することが出来るので、他の人とは違うオリジナルの物ができます。背番号をデザインすることも出来るため、チームでスポーツマウスガードを利用する場合も、チームの一体感や他人と間違え防止にもなります。詳細についてはご相談ください。

当院は、スポーツ歯科医学会の基準をもとに歯科技工士が作製

当院では、歯科技工士がスポーツ歯科医学会の定めた基準をもとに「カスタムメイドマウスガード」作製しております。さらに、スポーツマウスガード認定歯科技工士・歯科衛生士が在籍しています。歯科技工士は入れ歯や被せものなど、口の中に使用する造形物に深く携わっています。そのため、精度が高く、適合の良いものができます。口の中では小さな差が大きな影響に変わります。ご自身の身を守るため、スポーツを安心して楽しむためにご活用ください。

制作・使用方法 利点 欠点
カスタムメイド
マウスガード
歯科医院などで個々の歯型を採り、厚みをコントロールして製作
  • オーダーメイドで作製する
  • 精度が高くマウスガードの能力を十分に発揮できる
  • スポーツ歯科医学会の定めた基準をもとに作製
  • 価格差がある
市販のマウスガード 既製品を温水につけて軟化させたものを口腔内に入れ、自分の形に合わせて使用
  • スポーツショップなどで手軽に入手できる
  • 比較的安価
  • 防護性能が低い
  • 話しにくい
  • 呼吸がしにくい
  • 違和感がある
  • すべて自己管理

ページトップへ戻る